ホームインスペクション (住宅診断)

中古住宅を購入する際こんなこと思いませんか?

ホームインスペクション(住宅診断)は、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極め、依頼主にアドバイスを行います。住宅の健康診断のようなものです。

中古住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションをすることで、依頼者と不動産業者双方が建物のコンディションを正しく把握することができ、安心して取引を行うことが出来ます。

また、「ホームインスペクション」は中古住宅や建売住宅に限ったものではなく、住宅を新築する際にも正しく施工されているか、建物にとって非常に重要な「目に見えにくい」部分が、理想的な施工がなされているか等をチェックする役目を果たします。

診断の方法

診断の方法は、目視で屋根、外壁、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本です。
また、傾きや含水率などは、機器を使って具体的な数値をお知らせします。

こんな方にお勧めします。

診断のチェック項目

国土交通省が2013年6月に定めた住宅インスペクションガイドラインに基づいた内容で、
「外回り」「室内」「小屋裏・天井裏」「設備」などの部位で、100以上の項目を基本に調査をします。
各項目をご覧になりたい方は、よくある質問のページをご覧ください。



    ※屋根、雨樋などは梯子をかけずに確認できる範囲の検査となります。
    ※上記の項目でも検査日に物理的な要因などで検査が出来ないこともあります。
    ※調査の範囲は基本目視可能な範囲です。
     床下、小屋裏、屋根裏は点検口などから目視の範囲を調査します。
    ※調査には2~3時間かかります。

診断のチェック項目

住宅診断の流れ

住宅診断の流れ

インスペクション関するよくある質問

住宅診断の流れ

インスペクション関するよくある質問

◎調査時間について ◎お問合せ・お申込み・キャンセルについて ◎調査当日について

中古住宅を購入する前に

中古住宅を購入してリフォーム・リノベーションする方 中古住宅を購入してそのまま住む方 新築住宅を購入しようとお考えの方(注文・建売)